中古マンションの不動産価値

新築マンションは高価なため中古マンションを購入対象にするケースがありますが、中古と言うことで耐久性や耐震性などの不動産としての価値が気になる部分となります。
中古とは言っても、マンションは鉄筋コンクリートで作られている物件がほとんどを占めていますので、耐震性能や耐久性に不安のある建物は少ないと言えます。


1981年以降に建築されたマンションであれば新耐震基準によって設計されていますので、震度6以上を想定した設計が基本となっているのです。



ですから、中古マンションでも長く住める環境がありますので、不動産としての価値は十分に備わっていると言えます。

鉄筋コンクリート造にはラーメン構造と壁式構造がありますが、現在ではほとんどがラーメン構造を採用しています。



古い時代の低層マンションでは壁式構造も見られますが、専有部分に自由度の高いラーメン構造のマンションは、リノベーションにも最適な環境を持っています。リノベーションとは、内部を新しく作り直すことで新しい価値観を持ったマンションに作り替えることを言います。


最近では中古マンションを購入してリノベーションを行う人が増えていますので、中古マンションの不動産価値が高まっていると言えます。



不動産の購入では立地条件や周辺環境など基本となる選択基準がありますが、中古マンションでも基本条件は新築物件と同じですので、中心部の立地条件の良い環境を低価格で購入できるメリットがあるのです。